ガウチョパンツ、スカンツ、スカーチョの違いと着こなし方

 

ガウチョパンツ、スカンツ、スカーチョなど、今年はパンツの種類が豊富で、どれを着ようか迷いますね。とにかくコレをはけばトレンドをおさえられる、大本命のパンツとそれぞれの選び方や着こなし方を紹介します。

 

ガウチョパンツの着こなし方

おなじみのガウチョパンツは、甘めにも辛口にも着こなせて、どんなアイテムとも相性のいいパンツです。

 

今年っぽくはきこなしたいガウチョは、ベーシックな定番カラーを選ぶのが正解です。できれば黒以外のアースカラーが、旬顔に着こなせます。

 

全体的にきれいめにコーデにした方が、よりガウチョパンツの良さが引き立ちます。
とろみ素材や透け感のあるものが、キレイめコーデがしやすくなります。
パンツの中では、いちばんバランスが取りにくいパンパ丈なので、足元はヒールにするのが鉄則です。

 

定番シャツとジャケットを合わせて、オフィスコーデにも着まわせます。通勤には、ノーカラーの白シャツをパンツインにして、きちんと感のあるコーデにします。

 

カジュアルスタイルなら、ベージュのガウチョに、白のカットソーを合わせて、黒のキャミソールをレイヤードします。定番色で大人に振るのがポイントです。

 

スカンツの着こなし方

スカート見えするワイドパンツの進化系は、インパクトがあるので色使いに気をつけます。コントラストをつけるよりも、ニュアンスカラーでやさしげな配色にまとめます。

 

見た目もはき心地もゆるめなので、どちらかというと、休日向きのアイテムです。普段からパンツに慣れている方が、着こなしやすいかもしれませんね。

 

ボリュームのあるスカンツは、透け感やとろみ素材で軽さをだすようにします。くるぶしが隠れるくらいか、それよりも少し上くらいの丈がバランス良く着られます。
マキシ丈の足元は、ヒールであれば何でもOKです。小物で甘くも辛くもアレンジできるので、着こなしの幅は広いアイテムです。

 

スカンツ初心者なら、くすんだピンクベージュや、アースカラーなどのニュアンスのある色が使いやすいです。

 

くすみピンクのスカンツには、首つまりの白ノースリーブTシャツで、潔くハズすとこなれ感がでます。コーデはあいまいカラーでまとめたいので、靴では色を差さずに、ヒール高めのヌーディカラーを選びます。

 

フリルトップスで甘めに着たい時には、ボーダーのトップスを選びます。ボーダーが、フリルの甘さをほどよく調整してくれます。アースカラーのベージュのスカンツに、肩から袖にかけて大きめフリルのニットボーダーで甘辛バランスにします。

 

スカーチョの着こなし方

パンツの中で甘めに着こなしやすいのが、スカート見えするガウチョの進化系、スカーチョです。ひざ丈が多くバランスも取りやすいアイテムです。足元も選ばないので、気軽にコーディネートできます。シルエット自体がきれいめだから、通勤・通学・あらたまった場所にも着ていけます。

 

スカート派で甘めファッションが好きな人は、スカーチョもきっとお気に入りになりますね。これからスカートを買う予定の人も、この夏はスカーチョがだんぜんおすすめです。白やパステルカラーのスカーチョで、旬なフェミニンスタイルがすぐにできます。

 

白のスカーチョに、アイスブルーのノースリーブブラウスを合わせたら、小物をシルバーで統一します。寒色使いの時には、シルバーのバックやサンダルでエッジを効かせるとクールな印象になります。シーズンライクな着こなしです。

 

白コーデのスカーチョには、白地に黒のピンストライプを選びます。トップスはVネックの白ノースリーブニットを合わせて、足元を黒サンダルで引き締めます。